県労連第33回定期大会を開催

9月6日(日)、高知県労連は高知城ホールにて第33回定期大会を開催し、65名が参加しました。
新型コロナウイルス感染症対策として、短時間での開催となりましたが、職場の状況や地域の取り組み、争議支援についてなど活発な討論が交わされました。
定期大会では、2020年度運動方針、2019年度決算、2020年度予算、労働相談センターの今後について、などの議案が提案され、すべてが可決されました。
役員選挙では、新たによさこいユニオンの中尾氏が書記次長に加わりました。

IMG_0207.JPG

この記事へのコメント